フィールドワーク録19−1 (起:平成30年1月1日(月))  目次へ  平成29年1月〜12月へ

ふたたび明石のタコに逢うことがあるだろうか。

1月1日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〇伊勢神宮内宮・御裳裾川畔

満月が光っているぜ。

1月3日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (古墳ポイント1、神社ポイント0.5)

〇上福岡を逍遥。郷土資料館が休みのため再訪の必要あり。

・権現山古墳群 ・・・ 本年初古墳。3世紀後半、関東でも最初期の前方後方墳(2号墳)を中心に、方墳10(1は既に滅失)が存在。4世紀になると関東でもヤマト朝廷と連携して前方後円墳を作る豪族が出てくるが、それ以前、東海地方と連携していた豪族の墳墓と推定される。上総の海上氏の初期と同じ時代である。高台にあり、入間川などから望まれたものと思われる。

家康さまが鷹狩に来て、2号墳の上にご休憩されたので「権現山」というのだそうです。

・上福岡駅の碑 ・・・ 大正3年(1914)に東上鉄道が開通し、上福岡駅が開業したことを記念する。題額は鉄道院総裁・床波竹次郎。

地元の廻船問屋「福田屋」の十代・星野仙蔵(安大郎、1870〜1917)が衆議院議員となって引っ張ってきた、と書いてある。

・亀久保神明社 ・・・ 16世紀末ごろに、所沢の豪族が開いたらしい。

江戸時代以降、上福岡付近の総鎮守。明治に入って村社となったよし。
ところで、肝冷斎は本年から、各地フィールドワークに「ポイント制」を導入することになりました! 本日は、権現山古墳群到達により古墳ポイントを1ゲット

1月6日・7日・・・・・・・・・・・・・・・・・(写真は今後追加)

5日に深夜バスに乗って、南海探索を敢行!高知駅前からレンタカーでレディー、ゴー!

〇土佐神社 ・・・ アジスキタカヒコネノミコトを祀る土佐一之宮なり。

楼門から参道をたどって到着。

拝殿裏の「志那禰之森」(しなねのもり)。土佐でも聖山・神地に「〇〇の森」と通称する例は多いようである。

神さまが海岸から投げて寄越した礫岩。中古時代はこの神社の近くまで海岸であったのは確実だが、この岩は地質的に周囲の岩石とはまったく別物という。ナゾが深い。

〇県立歴史民俗資料館 ・・・ 長曾我部氏の消長と、高知の歴史民俗について展示する。

とにかく、これが見たかった!奥物部の山中にのみ伝承される「陰陽道いざなぎ流」。二十年ぐらい前に企画展示「いざなぎ流の宇宙」というのがあってその図録がたいへん貴重なものとされているが、結局ここでも手に入らず。一応バックナンバーを手に取らせてもらったが、やはりすばらしい情報量である。

いざなぎ流の「太夫」が作る「ひとかた」。それぞれ名前と役割があるらしい。

いざなぎ流を信仰する村に伝わる「十二仮面」のひとつ。代々の当主が「時が来るまで見てはならぬもの」と言い伝えて箱の中に納めてきたものであるが、もう後継者がいないので、表に出てきたのである。

〇岡豊城(おこう・じょう) ・・・ 長曾我部氏の居城でした。続日本の名城百選に選ばれたよし。

「詰の段」(本丸)に、木造櫓が建てられている。城跡碑の題字は田中光顕。

〇小野神社 ・・・ 延喜式内。

この小丘の上に鎮座する。

〇土佐国衙跡 ・・・ 紀貫之もいたところです。

中央の森が国分寺。その左手の方が国衙跡である。岡豊城から見下ろした。

〇物部川をどんどん遡上する。

・四つ足峠 ・・・ 徳島(阿波)との県境である。渓谷には棚田が多く、雪で覆われていた。

このずっと上流の方なんです。

・市宇十二所神社 ・・・ いざなぎ流の大祭が行われる神社。積雪の中、神威ビシビシたるものあり。「市宇」は「一宇」と同じで「平氏」の暗号である(「平」の一字である意とも、あるいは「一于」を縦に書くと「平」になるから、とも)。

鳥居をくぐって左手か裏手の方の広場がいざなぎ流大祭が行われた場と思われる。京極〇彦先生も寄付していた。

・別役・小松神社 ・・・ 延喜式内。全国の小松氏の崇敬するところ、ということであるが、とにかく遠いはるかなところにあった。別役がすでに解村となり、また鳥居のあるところから「宮の谷」の底まで降りないといけないのででぶにはつらい。

こんな階段を降りていきます。ということは帰りにはまた昇って来なければならない。373段あるそうです。
この鳥居は谷の方に向いています(上の階段は拝殿左後ろにつながっている)。もともとは谷を昇ってきて参拝するものであったのであろう。

神社まで行く途中に祠の跡地があり、その付近にあったもの。何に使われているのかはわからなかったが、現役で動いている唐箕を見たのは初めてである。

・馬岡公坊神社

・仁井田神社

・大川上美良布(おおかわかみ・びらふ)神社 ・・・ 延喜式内。「美良布」は「韮生」(にろう)の転嫁。「N→М→B」と子音が変化したのである。

拝殿すばらしかった。向かいにアンパンマンミュージアムあり。

・アンパンマンミュージアム ・・・ やなせたかしせんせいは香美市の出身なのだ。吉井勇さんが疎開してたりもしたそうです。

〇龍河洞 ・・・ 日本三大鍾乳洞、日本九名洞の一(←いずれにしろ、南大東の星野洞が入っていない段階で、観光鍾乳洞としても大したことはない、と断定できる)。土御門上皇※も行幸されたほか、昭和十二年には双葉山が来訪。双葉山の「へそこすりの岩」もある。 ※上皇は承久の変で土佐に流され、後に阿波にお移りになられた。

「神の壺」と呼ばれる珍しいもの。この洞には弥生時代の住居跡があり、弥生人が放置した壺の回りを鍾乳石が覆ったもの。昭和初年に発見された直後、壺の中に宝物があると信じてコワそうとした傷がある、というのもご愛敬である。

「神の壺」以外にも出てきた弥生式土器等は、龍河洞博物館内にある。この博物館を作ったころは、「二世帯十人程度の家族が暮らしていた」という牧歌的な解釈になっていたようで、そのような解説板もあるが、その後の調査で、高知空港近くの田村遺跡関係者の狩猟用の根拠地か、田村側・上流側は不明だが軍事的前進基地ではないか、ということになっているようです。

附属の「鳥類館」にいたオナガドリ。尾を長くするときは、このような「止め箱」(とめこ)というものに入れられて、ほぼ動けなくされてしまうんだそうです。ブロイラーよりはいいかも知れんがエサ食って運動しないと肥満になる。

〇野々宮神社 ・・・ 源平合戦の際に、源行家が平家方を迎え撃った「ののみやの森」の故地である。

今となってはまわりに森なんか無いんです。何らかの聖地であったので「もり」と呼ばれただけなのかも。

〇深淵神社 ・・・ 延喜式内。龍河洞の弥生遺跡も含め、物部川は河口近くに田村遺跡という弥生期の巨大遺跡(中世の田村荘)があり、ここへの流通、防衛などのために物部川流域は古代から開発されていたのである。

以下、赤岡の町にて。

〇絵金蔵(えきん・ぐら) ・・・ 幕末の土佐で河田小龍と並び称された絵師・弘瀬金蔵(通称・絵金)の作品を紹介。土佐藩お抱え絵師追放とかおどろおどろしい絵で有名なので、すごい性格のまずいひとかと思っていたが、ふつうのひとだったようです。祭礼の見世物がいろいろ禁止されていたので、彼とその弟子たちの「屏風絵」という芝居絵が土佐の村々の幕末〜明治を彩ったのだ。

〇無人島長吉の墓 ・・・ 18世紀、鳥島に漂流して、十数年生き抜き、後に漂着した仲間とともに自力で八丈にたどりついた長吉の墓と顕彰碑と銅像。

このひとのことは昨年、国立公文書館の展示「漂流ものがたり」で知った。

1月8日 ・・・・・・・・・・・・・・・

千葉県千葉市蘇我駅へ。

〇蘇我比v神社 ・・・ 延喜式内。「v」(ビ)はヒツジの鳴き声で、ここでは「メ」と読みます。ソガヒメ神社。蘇我の地名のもとになっている古社ですが、明治の大火で往古よりの書類が焼けているとのこと。口頭伝承では、ヤマトタケルが浦賀水道を渉ろうとしたとき、人身御供となった弟橘姫は五人の姫君を伴って入水したのであったが、そのうち一人の蘇我氏の姫がこのあたりに打ち上げられたので、「ソガヒメ」となった云々というのである。この地は生実川の河口にあたり、古来房総半島側の良港であることから、蘇我氏とのかかわりがあったのであろう。

境内には浅間さんなどもあって、産土さんになってました。「南千葉総鎮守」と謳われていましたが、近所の初詣のひとがちらりほらり来ていた。

〇曽我野藩陣屋跡 ・・・ 明治三年に戊辰戦役時の勲功により宇都宮藩から別れて置藩され(戸田氏)、翌年には廃藩になった曽我野藩の陣屋があったのである。

八幡公園というのだそうで、赤い建物が八幡神社なんですが、陣屋跡としては表示の一つもないのである。

〇浜野港船着き場跡 ・・・ 中世期からの良港で、飯尾宗祇も来てるそうですが、明治期に汽船の船着き場あった。

生実川や浜野川の縦水脈というのが東京湾に向かって出ているので、舟が入りやすかったそうなんです。今は埋め立て地の中の公園となっておる。

〇千葉県立美術館 ・・・ 「追悼 深沢幸雄の歩み」展を見に来ました。特に作品に興味があったわけではないんですが、三十代のころ(1960年代)に墨西哥に招聘されて銅版画を教えた、ということが日本の墨西哥観光案内の本には必ず書いてあったので、興味を持ったのである。

↓冬の曇天のもと、蕭条たる千葉港の様子だ。漂泊の旅人・肝冷斎はこの海のかなたに消えたのである。

水底に、うつそみの面わ 沈透(しづ)き見ゆ。来む世も、我の 寂しくあらむ (釈迢空 大正14)

1月13日・・・・・・・・・・・・・・・・

〇八丈島探索 ・・・ この十年ぐらいでリピーター化しておりますが、いつものように八丈島歴史民俗資料館を見学の後、式内・優婆夷宝明神社と裏見の滝・為朝神社石祠へ。そのあと、神社(社名・神名不明)、不動堂、八丈島ビジターセンターを訪ねた。写真類は爾後。

・裏見の滝

裏から見るともっといい。

・不動堂

お不動さんですが、鳥居があって赤い屋根。南島っぽくてすばらしい。

・ビジターセンター

ビジターセンター内部の「八丈の渚」。海亀などが置かれている。非常によい感じの「きょん」。「原始的なシカ」とあるとおり、原始的な感じである。

 

次へ